--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年12月22日(水) 記事No.1034

高校時代に、友達の進めで1回だけみて、久々に見たくなって見てみた。

ネットで感想を検索すると、割と悪い評価が多いんだけど、個人的にはすごく好き。



若者の若者による若者のための映画。
頭の固い人や石原知事には受けそうにない気がする。
まあ、その2つは同じ意味だけど。

その日暮らしなストリートの若者って感じ。
まあ、その中でも逸脱してるんだけど。

挿入歌がやたら多いのも特徴かな。
若者向けのジーンズショップとかで流れてそうな感じの挿入歌がしょっちゅう入る。



登場人物たちがどっか狂ってて、死体盗み出したりとか、軽いノリでやっちゃって
ものすごいことやってるのに、ストーリー全体が軽いノリ。

映画のラストでも「ま、こんなもんでしょ。」で締めてるのが、この物語全てを物語ってる。

バカなやつらやキレてる奴らが嫌いな人には、多分受けない映画。
好きな奴らには受ける映画かなって思う。
blogram投票ボタン 感想/おすすめ 映画・ドラマ |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。