2011年02月19日(土) 記事No.1070
先日、インフルエンザをやりました。


先週の月曜の朝、あー、なんかのどが痛いなぁなんて思いながら起きました。
夕方頃には肩や背中に違和感が出てきてこりゃ風邪の前兆だな・・・なんて思ってると熱まで出てきました。

火曜の朝、熱が39.4度まで上がり、あーこりゃ病院行ったがいいなぁと思い自転車コギコギ内科まで行きました。
ただの風邪だと思っていたら「インフルの可能性もあるから検査しよう。」と言われ、血を抜かれました。
「15分くらいで結果出るからねー」なんて言われて椅子に座って待っている間、1枚のポスターが目に付きました。
中性脂肪の治験のポスター
・・・・・・これ受ければ、タダで中性脂肪下げる薬が貰えるのか。ちょっとやってみようかななどと思っている間に血液検査終了。
「インフルですね。これをしっかり読んでください。」
インフルの事が書いたプリント渡された。
「タミフルは絶対人に渡さず、自分で全部飲んで下さいね。」
おーうわさのタミフルが頂けるのか。

インフルのほかにも、なんかの菌が居たみたいで、結果的に薬7種類出された
朝昼晩1錠ずつ飲むのが4種類
朝昼晩2錠ずつ飲むのが1種類
朝晩1錠ずつ飲むのが2種類。

そして治験の話。
「あと、インフル治ってからになると思うのですが、表にあった治験を受けたいんですが・・・。」
「あぁ、いいよ。今治験のコーディネーターの方が居ないから、来られたら電話するね。」
「はい。」


・・・5日後
そこには元気に走り回る4LDKの姿が・・・。


一週間後の火曜日
というわけで治験の説明を聞きに行って来た。

今回実験したいのは
中性脂肪の薬が、1日分が朝 昼 夜と3回に分けて飲むような薬なのだけれど
これが1日分まとめて飲んでも効果が同じかどうかの実験。
悪影響はないらしい。

被験者には、朝 昼 晩に分けて薬を飲んでもらうグループと
朝にまとめて1日分飲んで、昼と夜はダミーの薬を飲むグループに分かれる
被験者がどちらのグループに属しているかは分からない。
(恐らくプラシーボ効果のためだと思われる)


けどまあ、普通に考えてダミーの方だよなぁなんて思った。
だって朝 昼 晩に分けて薬を飲むのは、普通の患者で実験できてるわけだし・・・。



そして、まあ中性脂肪が高くないと当然治験は受けれないので、再び採血して、中性脂肪の値の検査。
数日時間がかかるからとの事で、次に行くのは次の火曜日に。

・・・と思ったら木曜日に電話がかかってきた。
結果が出たけれど、中性脂肪の値は治験合格ラインなんだけど、他の値がやばいのでちょっと明日来てほしいとのこと。


というわけで金曜日。検査入院でもされられるんじゃまいかという覚悟で行ってみると
どうやら尿酸の数値が高いとのこと。他にもなんか言ってた気がするけどよく覚えてない。
このままほっとくと通風になりますよーって事だそうで。
医者の話聞いた後、食生活の改善から始めようってことで、栄養士とお話になった。

「野菜を食べよう。摂取カロリーを減らそう。」
ただそれだけなんだけど、1時間半もくっちゃべった。
何故か話が長くなる体質で、高校の時も担任に説教されてたのが、いつの間にか雑談になってて、1時間くらい二人で雑談してたり、歯医者でもやたら長くかかったりするんだよな。
まあ暇だからいいんだけど。
栄養士との話が済んだら治験コーディネーターの人に「長くかかりましたねぇ」って言われた。

で、治験はどうも、結局アウトらしく、尿酸値が下がってからだということで、一ヶ月様子見。

次の日(つまり今日)うちに来た友達にそんな話をしたら
「つまり治験のポスターは医者の客引きだったわけだな。」とか言ってた。
「なるほど。お前みたいなニートは健康診断も受けないし、治験のポスター貼っておくとこういう効果があるのか、一つ勉強になったな。」なんぞと勝手に納得してたけれど
まあ結果的に見ればそう見れなくもないけれど・・・。

そんなわけで治験被験者になりそこね、患者になりました。


あ、糖尿病とかの心配は今んとこないらしい。
blogram投票ボタン リアル 日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL