--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年03月16日(水) 記事No.1090
七回死んだ男(西澤保彦)を読んだので感想。


物語のさわり、設定などに関するネタバレはあるけれど、物語に対するネタバレはなし。



友達が「面白いから読んでみ」なんて言って持ってきた本。
読んでみた。面白かった。
個人的には『告白』より面白かった。
けど、こっちの方が面白いと思う辺り、俺って浅い人間なのかなぁなんて気分にもなる。

同じ日を9回ループする体質を持つ主人公が、祖父が死なないように物語を書きかえるという話。
何度繰り返しても祖父が死んでしまう運命に翻弄されるSFミステリー。

全体的に軽いノリ。
SF要素はあるが、しかししっかりしたミステリー。
SF要素部分は最初にしっかり明示されているため、後だしのずるっこ部分は一切なし。
難易度も抜群。
どこまでで気づくかは人それぞれだろうけれど、謎の9割は自力で解けるだろう。
しかし最後の謎だけは多分解けない。
そのバランス具合が絶妙。
自分で気づいたときの爽やかさと、答えを見て分かる驚きの両方が味わえる一品。

物語としてもライトな感じで楽しめる。


「告白」を読んだとき物語の『解答』に対して、あまり驚かない。ぞっとできない部分があって、
戯言シリーズで耐性ついちゃったのかなぁなんて思っていたけれど、そんなことはなかった。
この本はしっかり、ぞっとできる物だった。

オススメの一品です。





今年読んだ小説
西尾維新
 零崎曲識の人間人間

湊かなえ
 告白

西澤保彦
 七回死んだ男
blogram投票ボタン 感想/おすすめ 小説 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。