--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年07月13日(水) 記事No.1133
雫「バスチアンってこのお人形の名まえですか?」

おじいさん「そう。」

おじいさん「バスチアン・バルタザール・ブックス。すごい名でしょう?」

雫「Bが3つですね。」

雫「とするとおじいさんの名前はカール・コンラート・コレアンダーですか?」

おじいさん「よくご存知だ。」

おじいさん「そうか、お嬢さんは幼ごころの君を知ってる人なんだね。」





はい、というわけで耳をすませばの聖地巡礼してきました。
冒頭のネタは気にしないでください。分かる人だけ分かってください・・・。

というわけで、スタートは猫君と共に雫が降りた駅から。
駅看板
京王線聖蹟桜ヶ丘駅。 映画では杉の宮駅となっております。


電車
聖蹟桜ヶ丘駅2番線。雫が降りたのも2番線 2番線は上りなので、雫の家は俺の住んでる百草駅あたりになるのだろうか。


KEIO
電車に乗ってる時に背景でちょろっと出てきたり
駅から出たときに後ろにデデーンとある京王デパート。

マップ
駅前にあった案内マップ
何度か聖蹟桜ヶ丘駅には来てたのにまったく気付かなかったよ・・・。


高架下
雫「図書館の方へ行く!」

登り道
橋A
雫「あ~あ。せっかく物語が始まりそうだったのに・・・。」

橋の上
道

図書館へと続く道です。
てか俺、図書館前のシーン撮ってねぇ!! いや、実際に図書館はないんだけれど。



雫「いたー!」
林
林2
雫「・・・すごい坂。・・・どこまで登るのかしら。」

映画では壁に挟まれた狭い道ですが、実際にはこの林がそれのようです。

ロータリー
雫「丘の上にこんなところがあるなんて知らなかった。」

17年の間にここまで成長したのでしょうか。映画より生い茂ってます。ロータリーです。


豪華な家
雫「性わるーう。犬をからかってまわっているんだ・・・。」


曲がり道
雫「いいとこ見つけちゃった! 物語に出てくるお店みたい!」


渡り廊下
「あいつやなやつなの。逃げるのやじゃない!」

・・・いえ、モデルになった学校はこれと違う気がするけれども。


通学路
雫の通学路です。


雫の家
雫の家
お姉ちゃん「これポストに出しといてー!」
雫「なーにー?」
お姉ちゃん「ポ・ス・ト!」

雫の家です。
給水塔が目印です。
しかし、この位置、図書館よりも学校よりもエンディングの秘密の場所よりも高い場所にあります。
自然いっぱいで住むにはよさそうな感じ。
給水塔

団地の近くにある公園
公園
夕子「杉村が友達にたのまれて、あの手紙の返事くれって・・・」

振られ神社
振られ神社2
雫「杉村のこと好きだけど、好きとかそういうんじゃ・・・。」
通称振られ神社。


送ってもらった場所
聖司「おくってかなくていいの?」
雫「うん、もうそこだから。」


階段

雫「行こう!恐れずに!午後の気流が乱れる時、星にも手がとどこう!」



耳丘
聖司「オレ、今すぐってわけにはいかないけど、・・・・・・オレと結婚してくれないか?」
耳丘2





以上です。
ちなみに、地球屋のモデルとなったと言われる邪宗門という喫茶店に行ってきましたが
店内撮影禁止だったので写真はないです。
とてもおしゃれな喫茶店で、クラシックというかアンティークというか、そういう言葉が合いそうな場所でした。
また、途中何度か、同じルートをたどっているであろう女子高生?中学生?の二人組に会いました
いやもう、出会いと別れの繰り返しを5回くらい、抜いたり抜かれたりしながら、微妙に違うルートたどってんだよね多分。
んで、めちゃくちゃ迷子になって時間かかって到達したところで会ったりとか。アー向こうも迷子やってんだろうなぁと思いながら
もう、いっそここまで出会うなら一緒に行動したがいいやと思って
次に出会ったら声をかけようと思ったのですが
最後に見かけたのは横断歩道の向こう側を歩いている姿で、雫のように「いたー!」などと言いつつ追いかける元気はなかったのでスルーしたらそれっきりでした。

しかし、自然が多くていい場所でした
とくに雫の家は、いい場所に住んでるなぁなどと思いながら見ました。
山の上なので風が心地よく、家の前に芝生が広がっているので緑豊かでした。



おまけ
みゃー
夕焼け
blogram投票ボタン リアル 日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。