2012年10月09日(火) 記事No.1301
一時期ステマステマって話題だったけど普通に宣伝する分にはステマではなくただのマーケティングなわけで
さり気なく、それが宣伝だと気付かれないレベルで宣伝しないとステマにはならないから
じゃあその境界線ってのはどこなんだろうと思いつつ



今日はAndroid用Twitterアプリ「Twitcle」でも紹介しようかと。



   今までいくつかTwitterアプリを使ってきた中で
過去一番いいと思っていたのは
TwiccaとTweetDeckとJanetter

TweetDectとJanetterは機能的にはほとんど同じなので、違いはほとんどない。
しいて言うならTweetDeckは日本語版がなく、Janetterには日本語版があることくらいかな。


まず、これらと比較して比べたいので、それぞれの紹介をしようと思う。




Twicca
Twiccaの他と差を付ける一番の要素は、やっぱり、フォローした人ごとに色分けできる点だと思う。

twicca.jpg

プライバシー保護のため、ぼかしを入れているが、一人ひとりに色設定でき、こんな感じに左に色のラベルがつく。
名前もその色になるので、見やすい。もちろん一番上と下のツイートのように、色設定しないことも可能だ。
むしろ色設定しない状態がデフォ。
どうしても読み飛ばしたくない人に、ラベルを付けることで、読み飛ばしを防ぐ。
もちろん、色設定がされていることは相手には分からないので
「片思い中の相手に色設定する」などの使い方も可能だ。








TweetDeckとJanetter
どうでもいいけどJanetterって名前、劇場版ドラゴンボールZに出てくる「ジャネンバ」って的思い出すのは俺だけだろうか。どうでもいいね・・・。


JanetterとTweetdeckの主な特徴は、
カラム設定ができスワイプ操作でカラムの切り替えができる事だ。

「カラム」っていうと聞きなれないかも知れないけれど
図で説明するとこんな感じ

カラム操作

この、1つ1つの枠の区切りを「カラム」と呼ぶ。


開いた時、携帯に表示されている最初の画面は、オレンジの線で囲まれた「タイムライン」のカラム。
ここから、画面を指で左にはらうことにより、「自分宛のツイート」「DM」といったふうに切り替えられる。
もちろん、「自分宛のツイート」を表示しているときに指を右にはらえば再び「タイムライン」に戻ってくる。
また、このカラムは自由に増やしたり消したりでき、「検索結果」などもタイムラインと同様に表示する事ができる。

例えば左から「タイムライン」「『#RO』の検索結果」「『ラグナロク』の検索結果」「自分宛のツイート」という風に並べることもできる。

注目していただきたいのは、
JanetterとTweetDeckは、これが複数アカウントに対応していることだ。
2アカウント以上使っている人は、そのアカウントの切替に一々ログインしなおさないといけないが
複数アカウントに対応しているアプリを使えば(もちろんJanetterとTweetDeck以外にも存在する)、その切替が不要となる。
Twiccaではこの複数アカウントに対応していないため、一々再ログインが必要なのだ。



さて、ではいよいよTwitcleの紹介に入ろうか


ここまでの説明でお気づきかとは思うが
つまりTwitcleは、この3つのTwitterアプリの、いいとこドリなのだ。

ラベルを付け、色分け可能で、
カラム操作による切り替えも可能で
複数アカウントにも対応している。
もちろん「トレンド」も表示可能だし
「下書き(一時保存)機能」もついている

ただし、アカ2に移行する時はそのまま左にはらって切り替えるのではなく
アカウントの切り替えというボタンで切り替えるのだが。
(再ログインは不要なので簡単に切り替わる。)
つぶやくだけなら、切り替えなしで、つぶやきたい方のアイコンをタッチするだけだ
複数アカウントで同時に同じつぶやきをすることもできる。


今まで俺は、メインアカウントでつぶやくときはTwicca、サブアカウントでつぶやくときはTweetDeckを起動していたが、これがあればどちらの機能も使えいいとこ取りだ。


デザインはこんな感じ。
2012-10-09_15-13-42_20121009151703.png

ぼかしを入れずに表示させるために
他人のツイートを入れれなかったため自分のプロフィールページだけど、まあ雰囲気はわかると思う。
背景の画像は自由に変更可能で
透明度も設定可能。見づらければ真っ黒にもできる。
自分のツイートのみだからカラーラベルとかは見えないがTwiccaとまったく同じ感じです。




ポップアップ
ポップアップ表示も可能。
blogram投票ボタン 感想/おすすめ その他 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL