2006年11月23日(木) 記事No.31
すごく変な夢。
まあ、夢なんていつもそんなもんだけど・・・。

時間帯は夜だった。
場所は・・・・・・海のど真ん中。
そこに浮かぶ一隻の客船。
タイタニック号みたいな感じね。
登場人物は僕と母親だと思われる人だけ。

その船からは、自由に海に下りれた。
夢のスタート地点は、その船のそばで、海に母親と二人で浮いていた。服を着たまま。
海には、ある程度の広さがある、コンクリがあった。
乗れるくらいの広さのね。
それが地面とくっついてるんだか、浮いてるんだかはわからないが。

あたりには、僕と母親?以外に誰もいない。
母親?は、それに乗って、「もう寝るね」といいながら、寝た。

僕は一人、夜の海に探検に出た。
途中、ポケットに入れてる携帯大丈夫なのかと心配したような記憶もある。

ただっぴろい海を泳いでると、凸型のコンクリを見つけた。
その、中段に仏壇のようなものがあった。
そうしきの時のような写真もあった。
僕は、その仏壇の隣に座った。
その瞬間、その写真の人物の死因が、なぜかわかった。
写真の人物の年齢は多分高校生から大学生。
不良系なやつで、友人とコカインを吸って遊んでて
ある日、コカインを吸ったまま海に泳ぎに出て、そのまま帰ってこなかった。

僕は、その青年が死ぬとき、どんな感じだったんだろう・・・と思いながら、その凸型の中段から、海に背泳ぎで飛び込んだ。
すると・・・
その凸型の頂上にその青年がうつろな目をして座ってた。

そこで、叫んで、起きた・・・
多分リアルでも叫んだと思う。

一体何を意味してるのか、わからない夢だった・・・・・・。
夢に詳しい心理学者さんがこのブログを見たら、ぜひコメントに、この夢の意味する事など、わかるなら書いてほしいです。
いや、真剣に。
blogram投票ボタン リアル 日記 |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2006年11月23日(木) それは・・・
リアルでも叫ぶね・・・
というか海で浮いてる時点でも叫べる・・・
想像力豊かというか良く覚えていたな^^;
アステカ | URL | コメントを編集 | 
2006年11月24日(金)
ブログの更新したの、起きてすぐだから・・・(ぁ
というか、PCつけっぱなしで二度寝して、次に起きたのがそれで、
すぐにPCの前座って、接続してたギルメンに話した後、ブログ更新・・・と(ぁ
3LDK | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL