--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年01月02日(土) 記事No.742
年末大掃除の延長で、机の引き出しを整理してたら

卒業記念のCD-Rが出てきた
PCに入れて再生すると、みんなの作文や、先生が撮った中3のときの思い出ムービーなんかが出てきた。

他の人の作文と比べて
どっかこったつくりな作文が、俺のだった。



あの頃の方が、よっぽど面白い性格してたと思う。

中学時代の俺は、自分で言うのもなんだが面白い人認識だった。
クラスに1人はいる、おふざけキャラ。

一人、どっかクラスから浮いてて

やたらグループが分かれてる『友達の輪』の中で
一人、どこのグループにも属してなかったけど
変わりに誰とでも気兼ねなくしゃべってたと思う。

出る杭は打たれる。そんな言葉を実感したのは、高校入ってからだなぁ。
結果、中途半端に杭が引っ込んで、中途半端な人間になったと思う。

中3のときの俺の作文の一部を抜き出すと

えぇ、振り返ってみると辛いこと、悲しいこと、色々ありましたが、それに負けないくらい、楽しいことも沢山ありました。
つーかむしろ、楽しいこと8割、悲しいこと、辛いこと2割と言った感じです。
これは、一重に皆様のお陰です。これまで3年間、誠にありがとうございました。


なんて文章があった。
高校から今までの人生をまとめると
楽しいこと2割、悲しいこと、辛いこと8割だな・・・

野活で、シンデレラ役をやったことを思い出す。
高校紹介のプレゼンで、他の班はすげーまじめなの作ってるのに
うちの班だけ、とってもふざけた物を作ったのを思い出す。
つーかあれ、ほとんど俺がつくったろ・・・。
水1,5リットル、1分間いっき飲みにチャレンジし、残り200mlで、全部吐いたのを思い出す。
のちにN岡が
「あぁ、お前死ぬんだなぁ・・・。って思った。」って言ってたっけ。

行事があれば、常に何か面白いことはできないか。どうふざけようか
そんなことばっか考えてた気がする。
面白くもないようなくっだらないことは毎日のようにやってた気がする。
小学校時代も中学校時代も、校内で俺を知らない奴はほとんどいなかった。
鳥の糞を肩にくっつけたまま、登校したこともあったっけ・・・。
なんの気なしにN村の机の中漁ってたら、テレクラの広告の切り抜き出てきて、思わず床にばら撒いたら
なぜか先生に呼び出し食らったこともあったっけ。

自分で言うのもなんだけど、「しょうもない。」という前置詞つきで、笑いにはことかかない少年時代だったな・・・。

今と変わらず、恋愛沙汰は一切なかった中学時代だったけど
そんなもの必要ないくらい、楽しんでたと思う。
いや、当時もたぶん、付き合いたいとか思ってたけど。

俺ってひょっとして、別の高校行ってたら、かなり違う人生送ってたんじゃね。なんて思わなくもない。
誰だったかに、「お前俺の高校来てたら、絶対楽しめてたよ。」なんて言われたっけ。
あれはT田だったかN口だったか・・・。

見た目もだいぶ変わった。
ムービーや写真見ると、少しふっくらした小島よしおみたいなのだったのが
今じゃ石塚か日村だもんな。


ほんと、あの頃に戻りたい・・・。
あの頃の自分に戻りたい・・・。
blogram投票ボタン リアル 日記 |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。