2010年01月22日(金) 記事No.757
もう、金曜か。

日々の流れが恐ろしく早い。

いや、それももう慣れた。
最初の頃は、時間の流れに、恐怖すら感じたが、
今じゃ、早い。という認識が残るだけで、さすがに恐怖を感じることはない。
慣れた。

俺は普通の人より、相当日々の体感速度が早いと思う。
理由は、日々が充実しているかどうか。だ。

人が時の流れを感じるとき、それは必ずしも、過去に向けて思いを馳せる時のみだ。
過去のある地点から、今の地点の長さを計り
その長さで、時間の流れを"早かった""遅かった"と言うのだ。

授業が始まってから"まだ"20分しかたっていない。
入学式から"もう"3年立つのか。
こんな風に。

長さを測る基準は、どれだけその間の出来事を思い出せるか。だ。
時間の長さを、本の厚さに例えると分かりやすい。
記憶に残る出来事1個1個を、本1ページずつに例える。
思い出が多ければ多いほど。
特筆する出来事が多いほど、人は時間を"長かった"と感じる。


そういうわけで、俺の時間の流れは、人より相当早いだろう。
俺の日常の薄っぺらさは、おそらく普通の人では言われなければ
想像がつかないのではないだろうか。


なんせ、人と会話することすら、特筆すべき事項なのだ。

ためしに、思い出してみよう。

俺が最後に知人と会話したのは火曜のことだ。
今日は金曜だが、日付をまたいてそうたっていないので、木曜とカウントしたとしても
丸2日、俺は知人の誰とも会話していない。
2日前の火曜の会話時間は、ばあちゃんちに行って帰るまでの2時間+帰りがけに友達に電話を30分ほどした。
合計2時間30分だ。
それ以降、今日、今この瞬間まで、俺の口から出た言葉はおそらく
コンビニでの「これ暖めで。」くらいのものじゃないだろうか。


ためしに、今日1日の流れを、こと細かに書いてみようと思う。
起床10時過ぎ。
起きてPCに座り消しておいた画面のスイッチを付ける。
なんの画面だったかは覚えていないが、とりあえずROの画面に切り替えて、露店を確認(寝ている間に売れた物はなかった。)
オープンオフィスというフリーのOffceっぽいソフトを起動しクエストチェックシート(このブログで公開している奴だ。)を修正。ファイル名をVer2.0に変え、アップロード。
その後Hiプリで異世界のクエストを1つ終わらせ、2つめの途中まで進める。
お腹がすいたので冷蔵庫に行き、ソーセージを取り出しフライパンで炒め、ご飯をよそり、ソーセージと一緒に食べる。
ここまでで2時間。約12時だ。

その後読書を始めるが気づいたら寝ていて、起きたら15時。
近くにある業務用食品スーパーに買い物に行く。
ソーセージ、ベーコン、卵、マヨネーズ、ケチャップ、レトルトカレー
カレールー1パック、レトルトのかにたまチャーハン、牛乳、納豆、チーズ
ミックスジュース、ピザ(2割引だった)塩コショウを購入。
なんか忘れてるかもしれないけどいいや。

帰宅。16時。
再びお腹がすいたので
とりあえずソーセージを炒めてチーズをからめたのを、ご飯と一緒に食べる。

暇になったのでYouTubeで名探偵コナンを1時間くらい見る。
途中で付けっぱなしにしているIRCで、土曜のETの清算品が全て売れたと連絡があったので取りに行く。
そのまま、人がそこそこいたので適当にGチャしながら時間を潰す。
途中で一度ギルドメンバーでアトロス狩りに行った。3回くらい死んだ。
その後もGチャしながら時間を潰す。
23時。再びお腹がすいたのでオーブンレンジのオーブン機能をつかい、買って来たピザを焼く。
0時30分、寝ようかと思い露店を出して画面を切り替え、コナンが途中だったことを思い出す。
そのまま1時間くらい名探偵コナンを見て、就寝
の、つもりだったが携帯でゲームを始めて3時。
いい加減寝ようと思うが寝付けず、3時半になり、寝れないので起きて、なんとなくブログ更新。今に至る。




これだけ繊細に書いたところで、章量だけ多いが
その日常はものすごく薄っぺらだということが分かってもらえると思う。
毎日がこれの繰り返しだ。
時間の流れが相当早くもなる。

書きつつ、何を言いたかったのかよく分からなくなったが
まあ、日記なんていうのは所詮そんなものだと思うし、それでいいんだろうきっと。


まあようは、ニートは時間の流れが恐ろしく早いなぁってことです。
blogram投票ボタン リアル 日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL