--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年10月11日(月) 記事No.960

この記事にはアニメ「バクマン。」及び漫画「バクマン。」のネタバレを含みます。



青春物だなぁ



原作読んだときは、そこまで思わなかったんだけど

青春物だよなぁ。



スポーツ漫画があまり好きでない都合上、青春物に触れる機会は少ないんだけど
(というかあだち充くらいかもしれない。)

やっぱバクマン面白い。


最高(もりたか)が漫画家になる夢を、母親に話し、最高の叔父は漫画を書き続けて死んだ事もあり、母に反対される最高。
その後母が父にその話をした後、母が父の答えを最高に伝えるセリフ。





「やらせろ 男には男の夢がある 女にはわからない  だって。」



その後、母は「漫画で息子をなくしてるのはおじいちゃんなんだから。」と、最高に話を祖父にもするように言う。

祖父は反対するどころか、最高に、叔父の仕事場の部屋の鍵を渡す。
最高が仕事場へと飛び出した行った後の祖父の母への言葉。


「最高変わったな。 あいつはもしかしたら、本当にダメかと心配もしたが・・・ あれでいい。」

最高はパートナーの秋人に電話しつつ、走り、仕事場を目指す。



最後はテンションあげつつ、本編が終わる前にエンディングテーマのイントロが流れ出し
そのままエンディングに突入!


感動する!



この、『本編が終わりだす前にエンディングテーマが流れ出し、続きが気になる展開のままエンディングアニメに突入』って演出、すごい好きなんだよなぁ。
「ふしぎ遊戯」とかが、毎回このパターン使ってたのと、「うみねこのなく頃に」の原作も、割とこのパターンが多い。
なんかワクワクしたまま終われるのがいい。

blogram投票ボタン 感想/おすすめ アニメ・漫画・ゲーム |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。